次は40年後でお願いします

役員として最後の町内会の定期総会に行ってきました。

私、役員と班長をやっておりました。

1年間お疲れさま(自分で言ってみた)

パンフレット作ったり、お祭りに参加したり、町内会費集めたり、毎月草刈りしたり。

パンフレット作った記事
お祭りに参加した記事
回覧板で悩んだ記事

なかなかハードな1年でございました。

それが今夜、やっと全て解放されたよヾ(@^▽^@)ノ ワーイ

17時からの定期総会で無事に新しい役員に引き継がれました。

町内会

なぜ20代で町内会の役員なんてって思うでしょ?

何故か知らないけど、そうなってしまったんですよ(笑)

でも上には上がいるもので、16歳の女子高生の町内会長もいますからΣ(゜ロ゜ノ)

まぁほとんどが、じじ様とばば様ですけどね。

さっき1年間頑張った報酬を貰えました。

いくらか知りたいですか?余所で言ったらダメだよ。

班長
中身は3千円+2千円でした\(^o^)/

本当に色々大変でした。

町内を美しくしようと花を植えても誰かが盗っていくし><

文句や苦情をたくさん出すけど、お金はびた一文出さなかったり。

やっぱり何かを改革するって痛みを伴うじゃないですか。

No pain, no gain
「痛みなくして、得るものなし。」

私、仕事でもそうだけど、感情論だけで話す人って好きじゃないんですよ。

他人の意見に口を挟むなら、それ以上の意見を言えばいいし。

現在が苦しいなら、今の人達が明るい未来のために苦しい思いをしなきゃ。

負の遺産を未来の子供達に任せる方が、よっぽど最低だと思うんだけどなぁ。

何もしない人たちこそ私にとっては信じられない。

そんな私でも、この1年間で2つだけ改革する事ができました。


1、町内会長を解雇できるようにした事。

役員とか全ての人事を町内会長が選ぶ権利・解雇できる権利があるんですよ。

でもね、町内会長を解雇できる人が誰もいないという・・・。

緊急総会を開いて、問責決議のような多数決で解雇できる権利はあるんだけど。

その緊急総会を開くのも会長の許可がいるという。

つまり、会長が許可しない限り会議にも持っていけないんです。

独裁政権みたいなシステムになってたから、これを排除しました。

町内会長が良い人だったら全く問題ないけど。

全国的なニュースをみても、変な町内会長もチラホラ出てきましたから。


2、お金の流れを複数の人が見れるようにした事。

今は使い込みするケースが多いじゃないですか。

お金を管理してるっ人って会計の人なんですが、これまた1人でしょ。

使い込み、そして共謀で悪さしない為にも3人以上が見れるシステムを作りました。

あくまでも書類じゃなくて、総会の前に現金or当日に通帳記入した残高です。

使われて泣き寝入りになったケースをあちこちで見てきましたから。


私の町内会は本当に平和だったんですが、今後はどうなるかわかりませんからね。

何かが起こってから問題にするんじゃなく、起こる前に対策しないとね。

そしたら2つとも無事に意見が通り改革成功。

もちろん、最初はズタボロに反対されて大変でしたよ^^;

でも、何度も何度も話し合いになって、わかってくれる人がコツコツ増えるもんです。

私がちょっと意見言って変わるなら、それをやってこれなかった人が無能って事でしょ。

改革なんてものは、多数決でまず負けから始まるものなんです。

若き息吹を入れてドンドン進みましょう。


小さな町内会とはいえ、何かを変えれた事は自信になりました。

この流れの勢いに乗り、次は市政に参加しなきゃ。

そして国政、30年後には総理大臣かもしれない(*≧ε≦*)ノ彡☆バンバン!!

次の町内会の役員は・・・40年後くらいでいいよね!?

時代が変わるのを待つんじゃなくて、自分達の手で変えていきましょう。

努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る(。・ω・)ノ ブログランキング・にほんブログ村へ

[ 2017/04/24 00:15 ] ひとりごと | TB(-) | コメント:(0)

保育士の虐待問題について【2】

前の記事の続きです。


お子さんの中にはADHD(注意欠陥・多動性障害)の方もいらっしゃいます。

英語でAttention Deficit Hyperactivity Disorderの略。

不注意(集中力がない)
多動性(じっとしていられない)
衝動性(考えずに行動してしまう)

これらの3つの症状がみられる発達障害のことです。


前の記事ともリンクするんですが【考えずに行動してしまう】

これが一番やっかいな所でしょうか。

ADHDといっても、お医者さんも言ってましたが実に診断が難しい所なんです。

大人になればなるほど、あれ?この人・・・って違和感を感じるかもしれませんが。

子供だと一般的には、やんちゃでわんぱくな子供ぐらいにしか思われませんから。


今回の問題になった叩くことが常態化してた男児が病気かどうかはわかりません。

ただ、そういう事をする子から私達は周りの子も守らないといけないんです。

叩かれたからといって、仕返しや体罰的な事は絶対に許されませんよ。

私だって園児に攻撃されて、肋骨にヒビが入ったり腕の骨にヒビが入った事も><

力をセーブしない年齢だから想像以上に痛いです。

顔を殴られて鼻血出したのは20回以上ありますね^^:

でもそこは罪を憎んで人を憎まずの精神でやってます。

ただね記事の上っ面の表面だけを見て、片方寄りのコメントは悲しいなぁ。

悪いは間違いなく悪いんだけど、中身を少しは理解してほしいかな。


保育士だけに限らず、色んな事件があるでしょ。

例えば介護疲れで親を殺してしまった事件。

そして秋葉原で無差別に攻撃した秋葉原通り魔事件。

どちらも大きくまとめれば「殺人事件」には変わりはない。

でも中身を見たら180度違うじゃないですか。

もちろん、どんな理由があろうと人殺しなんて絶対ダメにきまってます。

ただ、そこら辺を少しは理解した上でコメントの内容を考えてほしいな。


前にチラっと書いたんだけど、私は意外と色んな裁判を見にいってるんです。

被告人の供述を聞いたりしてると、本当に優しい人だったりするわけですよ。

この人がこんな事件を起こしたの?本当に?という感じになります。

ちょっとしたボタンの掛け違いでズルズルとこんな事に・・・みたいな。

しつこいけど一概に結果だけをみて判断しない事をお願いしたいです。


私の今回の虐待問題については色々考えさせられました。

現在、保育園で風邪やインフルなどが流行っています。

園児が遊びたいといっても、風邪だとわかると遊ばせれないんですよ。

たとえどんなに大声で泣かれようが、叩かれようが心に鬼にして止めるんです。

その子の体調はもちろんの事、他の子に移したりしたら大変ですからね。

私達も決して1対1のマンツーマンで面倒みれる訳じゃない。

一人で何人も、時には何十人も同時に面倒みないとダメなんです。

だからこそ、今回の問題も気持ちの上では多少わかるんですよ。

気持ちではわかっても、そんな事は絶対にやりませんけどね。


でもね、縛る事って介護の世界ではあったりするんですよ。

大の大人に暴れられたら、本当に抑えられませんから。

杖とかで攻撃されて流血事件になり警察沙汰になったりもあるんです。

あ、余所の話はいいですね^^;

でも、それを考えたら子供はダメで大人なら許されるのか?

う~ん、難しい。

この余計な話が本当にいらないねヾ(_ _。)ハンセイ…


なんか変な話になっちゃった。

昨夜の23時からずっとブログ書きっぱなしで疲れた。

眠たくて頭が回ってないから許してください。

今回の虐待の件は女性保育士が明らかにやりすぎ。

私達は自衛隊と一緒で相手から攻撃されても、反撃は一切ダメ。

あくまでも武力行使しないで交渉で解決しましょう。


虐待といえば最後に「親の虐待」について言いたい。

あ、また文字数制限が・・・なんじゃこりゃー。

次回にしますか。

書いては消して、書いては消して、やってみたけど大丈夫かな。

間違えて大事な所を消してませんように。

確認作業は後日で寝かせてもらいます。

おやすみなさい(。・ω・)ノ ブログランキング・にほんブログ村へ

[ 2017/04/23 05:02 ] 保育士 | TB(-) | コメント:(0)

保育士の虐待問題について【1】

愛知県の幼稚園で、女性職員が粘着テープで男児の手足を縛り
口にも粘着テープを貼る虐待行為をしたというニュースがありました。


ある人から、この事件について語ってくれとの要望があったので記事にします。

早速コメントでもらったURLを開こうとしたら・・・。

リンク切れしてた><

じゃあヤフーのトピックスから検索してと・・・。

記事が削除されてるΣ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

記事

コメントをもらって1週間も経ってないのに削除されるとは思いませんでした><

・・・どうしよう、困った。

月~金曜日はFXの記事で、土日は好きな事を書くスタンスでやってきてるので。

私的には最短で記事にしようとしたつもりなんですが。

記事が削除されてしまっては、どうしようもありません。

本当に申し訳ございませんm(_ _;)m ゴメンナサイ!!


なんて後味の悪い結果になってしまった事でしょう。

だけど、ここで諦めないのが私ですよ(`・ω・´)シャキーン

アーカイブから強引に記事を引っ張ってきました。

同業者の事って正直、本音は言うの嫌だし難しい。

擁護したらしたで、お前は保育士だからとか・・・。

非難したらしたで、それでもお前は保育士か?みたいに言われる。

何を書いても色眼鏡で見られて、先入観や偏見を持たれてしまうから。

でも、あえて保育士の私だからこそ書いてみます。

ここからズバっと本音で行かせてもらいます。


まず、いかなる理由があろうと粘着テープで縛るなんて絶対にやっちゃダメな事。

記事を深く読むと、縛った理由は

男児が他の園児をたたいたり蹴ったりすることが常態化していた
縛った時間は2,3分、口をふさいだのは15秒ほど


それが「虐待」であるのは120%間違いないです。

時間が長いとか短いとか関係なく、許される事ではありません。

でも、この保育士さんは別に子供の事が嫌いだった訳ではなくて。

他の子供を守ろうと、過剰に防衛しすぎた結果ではないでしょうか。

他の園児をたたいたり蹴ったりすることが常態化とあります。

常態化:もともとは異常であったことがあたりまえの状態になっていること。


私も保育園で働いてますが、色んなタイプの子供がいます。

その中には障害や病気を持った子もいれば、ちょっとやんちゃがすぎる子も。

まぁ悪く言えば暴力的なって事でしょうか。

1、2回注意したら理解してわかってくれる子もいれば。

50、100回言ってもわかってもらえない子もいます。


例えば、一つのケースとしてあった話ですが。

寝ている赤ちゃんの口の中にお菓子を入れる。

大人なら、こんな事したら「息が苦しいだろうな」とかSTOPがかかりますよね。

「もしくは死んでしまうかもしれない」と思うはずです。

この年齢の子供達の場合はノンストップなんです。

そういうブレーキが一切かからないで行動してしまう。

中には善意の気持ちでお菓子をあげたって子もいるでしょう。

もちろん、ちょっとした悪戯心でやった子もいます。

それを注意して、理解してくれる子もいれば・・・。

どうして悪い事なのかを全く理解できない子もいます。

それを理解できないからこそ、同じ行為を何度も繰り返す。

悪い事をしてるっていう自覚が自分自身には全くないからね。


そのちょっとした悪戯心で大怪我をしてしまったり。

一生抱えなきゃならない病気になってしまったり。

時には悲しい事に「死」というケースもあるわけです。

そんなケースになると被害者家族はもちろん辛い。

だけど加害者家族だって、一生その十字架を背負って生きていかなきゃならない。

小さな子供の胸にそんな傷跡を残したくない。

だから私達保育士は絶対に失態を許されない。

うつぶせ寝にしろ、一瞬目を離した数秒とかで起こったりします。

何かが起こってからでは遅いんです、許されないんです。

何かが起こる前に防がないといけません。

だからといって、粘着テープなんかしたら絶対にダメですよ。

何度も言うように絶対に虐待は許されないですから

あ、文字数制限が・・・。

保育士の虐待問題について【2】へ

[ 2017/04/23 03:10 ] 保育士 | TB(-) | コメント:(0)