週休2日制に騙されるな

ほろよいを飲んでほろよい気分。

土曜日の深夜だけがお酒を飲める日です


休憩中に保育士の新人君にこんな事を言われました。

「どうして今日は休みじゃないんですか?」

「契約では週休2日制のはずでしたよ」

オォォォォォォォォ!!!!!!(゚ロ゚屮)屮

どストレートに直球を投げてくるではないですか。

先輩であろうと、素直に怒りの質問を聞いてくる人は嫌いじゃない。

知らない人の為にもブログに残しておきましょう。

今後、誰かの役にも立つかもしれないし(●^ω^●)


「週休2日制」と書かれていれば、「毎週2日休める」と思うかもしれません。

でも実際はそうとは限りません。

「週休2日制」の定義は、1ヵ月の間に2日休みの週が少なくとも1度あり
それ以外の週は1日以上休みがあることです。

週休2日

↑つまり月に1度でも週に2日の休みがあり、他の3週は1日だけでも。

週休2日制となってしまうわけです。

週休2日は「月に1回以上週2日の休み」を指します。


それに対し、毎週2日休める事を完全週休2日制とされています。

求人誌などでもしっかり別に表記されて確認できます。

完全週休2日制って言葉自体はそんな古い言葉ではないです。

だから知らない人も多いかもしれませんね。

ちなみに完全週休2日制を取り入れてる企業は約50%だそうです。


今後、就職する学生さんや転職を考えてる人は気をつけて。

週休2日制って甘い言葉に騙されないでください(笑)

年配の人も勘違いしてる人がかなり多いです。

上司とかに聞いたら昔は「4週8休」という表現が多かったみたいですね。

そういうほうが分かりやすくていいのになぁ。

素直に4週5休とか書いたら誰も面接来なくなるかも^^;


それと40歳以上の人には理解できない話なのかもしれませんが。

40歳以上の人達は土曜日って半ドンだったでしょ。

今の子達は土曜日なんて学校行った頃すらない世代。

18~22年間、体に染みついた週5日のルーティンを壊す事は。

ある意味、常識を覆すみたいで受け入れるのは大変だそうです。

週6で生きてきた世代と週5で生きてきた世代。

分かりあうには、お互いの理解と時間が必要かもしれませんね。

あなたの常識は非常識って事もあるから気をつけよう(。・ω・)ノ ブログランキング・にほんブログ村へ

[ 2018/04/15 02:30 ] 保育士 | TB(-) | コメント:(2)