大型自動車免許・取得体験記5日目

今回の教習は【終了検定Aコース・Bコース・Cコース】です。


実は私、勘違いしてました。

残り2時間乗車して、みきわめ、仮免の流れだと思っていたのですが・・・。

1段階の最後の教習がみきわめだったので、練習は残り1時間となりました><

よし、今日はみきわめの前の最後の練習だと思って気合を入れました。

外はすごい雨の最悪のコンディションでしたが、自然には逆らえない。

教官が来て、挨拶してがんばるぞ~と思って発進しようとした瞬間ですよ。

何と教官から「仮免は〇日の8時40分な!」と言われました。

ちょっとちょっとまだ2時間残ってるのに、そんな事言っていいんか~い凹○コテッ

みきわめすら終わってないのに、まさかのみきわめ合格宣言!?


そんなこんなで3種類のコースを走ってました。

そしたらコース指示はするもの、何か空気がめっちゃ重たい。

いつもは「〇番を左ね~、そしたら突き当りを右いくよ~」っていう感じなんですが。

今日は「右、左、左、まっすぐっ」みたいな感じで声も小さくそっけないの。

教官が「コースわかる?」って言ったので、何十回もイメトレしましたって言ったら。

それから終始無言になっちゃった^^;

まるで検定でも受けてるかのような緊張感です。

ここにきて隘路を1回だけ切り返しなしで初めて入れる事ができました。

3回中1回なので、野球のバッターだったら成績は良いですね(笑)

無言のまま何も注意もされず、ただひたすら時間まで走ってました。

そして3コースを走り終えて、発着点に戻ったら時間がきました。

最後にどんな事を言われるんだろうとビクビクしてたら・・・。

教官が「雨すげえなぁ」

私がポカーンとしてたら、「お疲れさん」って言って帰っちゃったよ。

ちょっと~こんなんでいいのかなぁ?

褒められるでもなく、怒られるでもなく、めっちゃ不安なんですけど。

そしてこの日はこのまま終了しました。

次は第1段階最後のみきわめになります。


5日目を終えて、少し乗れてきたような気がする。

たった1回だけど、隘路を1回で成功できたのが私にとって大きい出来事。

原簿を見ても、項目に関しては全く×がなくストレートで順調。

むしろ順調すぎて、他の人が項目2つずつなのに対して私は3個クリアしてた。

他の先生方に書く連絡事項には、「ブレーキの強弱、動作が俊敏すぎる」とあったけど。

適性検査では動作が遅すぎる傾向があるとあったので、遅いよりはいいかと。

とりあえず次はみきわめです。

これを突破すると無事に仮免なので頑張りたいと思います。

夜の雨の日の運転はちょっと怖いです。

晴れの日が続きますように(。・ω・)ノ ブログランキング・にほんブログ村へ


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する