運転免許の種類が変わりました

本日より運転免許の種類が変わります。

免許区分の新設は、2007(平成19)年6月2日の中型免許以来。

約10年ぶりの改正ですね。

今回、新設させたのは「準中型免許」です。

免許制度

何が変わったの?のか簡単に言えば・・・。

初めて免許を取る人でも最初から準中型免許を取得出来るって事です。

今までは普通免許を取得してから2年待ってから中型にステップアップできました。

2年待ちがなくなるので、トラック業界で働きたい人には朗報ですね。

高卒でもトラック業界に飛び込めるようになりました。

これは運送業界の人手不足と事故を減らすことが目的です。

今までトラックに乗った事もないのに、普通免許で乗れてました。

事故が増えるのも当たり前って感じでしたから。

トラックの運転感覚は普通乗用車とは異なり、専門的な教習を受けないとね。


ちなみに3月11日までに普通免許取得した人は、準中型免許(5t限定)に繰り上げです。

これからの普通免許では2tトラックが乗れなくなります。

考えたら2007(平成19)年6月2日以前に普通免許を取得した人は普通が中型。

この時代の人達は本当にラッキーだよね。

まぁこの年代の人達の事故が多いから免許が変わったっていう事もありますが^^;

ただ、8t限定って書いてあると思いますが総重量なので勘違いしませんように。

実際は8tも乗れなければ6tすら乗れませんからね。

8tと書いてあろうが乗れるのは4tまでと理解しといてください。


新しくなった免許制度で運送業界の高齢化が収まればいいね。

あとは事故だよね、本当に事故が多いから。

免許が細かく分類される事で、私の大型免許の需要が増えるかも。

一種の最高峰の大型せっかく取ったから活かしたい所なんだけど。

今の所は全く役に立ってません(笑)

保育園じゃなく幼稚園だったら毎日バス乗れたかもしれない。

いつか役に立てばいいな(。・ω・)ノ ブログランキング・にほんブログ村へ

[ 2017/03/12 23:15 ] 自動車 | TB(-) | コメント:(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する