一人にあげれないなら全員にあげてみた

介護施設って基本おやつは出ないんですよね。

施設によって対応はそれぞれだとは思いますが。

私がバイトしてる所や、曽祖母が入居してる所はイベントの時しか出ません。

栄養管理の面もあれば、他人のお菓子を取ってトラブルになったりもするから。

毎日の楽しみってぐらいしかないと思うんですよ。


私は毎週必ず1週間分、曽祖母に食べ物と飲み物を届けているんですが。

周りの利用者さんからは羨ましい目で見られる訳ですよ。

私だって本当はあげたいんですよ><

でも、それをするとあの人にあげて、あの人にあげなかったなんてトラブルも・・・。

「年をとると子供に戻る」なんて言いますが、あながちウソではないわけです。

むしろ子供より体が大きいため争いになると大変^^;

嫉妬されるだけでも、それはお互いにとって嫌でしょ。


そんな訳で今回は隣の人にもお菓子をあげる事にしました。

でも特定の人にだけあげると文句を言われる。

ならば全員の人数分用意してお菓子をみんなに配ろうじゃないヽ(*´∀`)ノ

全部で50袋買って、施設に寄付という形で置いてきました。

どんなのを買ったのか詳しくはコチラ→前記事の海老しお焼き


寄付という形を取ったのは、そうじゃないと施設側も受け取れないでしょ。

特定の人からのプレゼントは禁止ですから。

プレゼントできないなら、施設側に善意の気持ちで寄付として贈るだけ。

私からと知ってるのは介護課長?介護主任?の人だけ。

働いてる介護職員さんも私からとは誰も気がついてないはず。

私の財力じゃ小分けした1袋ずつしか全員に届けれなかったけど。

それでもまんべんなく施設に入居してる一人一人全員に行き渡りましたよ。

みなさん喜んでモグモグ食べてました(〃'ω'〃)


あ、帰る時に余った分をコッソリ返却してくれました。

海老しお焼き

気分はまるで足長おじさん。

いや、私は女だから足長お姉さんだね(●^ω^●)

まぁ実際の足は短いんだけどさ(笑)


正直、かなり背伸びした行動でしたが満足です。

一時的とはいえ、皆さんを笑顔にできた訳ですから。

利用者さんの反応はとてもおいしいと大好評。

職員の介護士さんもおいしい~って喜んで食べてました。

若い男性の介護士からは少し不評な声が聞こえてきました^^;

まぁ私の目の前で言ってたけど、私が買ったなんて知らないですもんね。

率直な味の感想を聞けたって事でよろしいのではないでしょうか。

気を遣ってない本音の意見は参考になるよね。

余った分のお菓子は保育士仲間にあげて本音の意見を聞いてみるよ。

さぁ今週も仕事がんばりましょう。

朝は元気よく笑顔でおはようだよ(。・ω・)ノ ブログランキング・にほんブログ村へ

[ 2017/06/19 05:50 ] 介護関係 | TB(-) | コメント:(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する