FC2ブログ








大型自動車免許・取得体験記7日目

今回の教習は【修了検定】です。


とりあえず、ここまで何とか来れました。

食事もろくに食べれず本当に重圧に押しつぶされそうでした。

睡眠時間も2時間取れたかどうかって感じ。

いつもは30分前には教習所に着くんですが、この日は1時間前に到着。

そしたら生徒も教官も誰もいなくて、事務員さん一人だけ。

出勤してきた教官に「顔真っ青だぞ!大丈夫か?」と言われたくらいでした^^;


検定20分前にコースを知らせる紙が貼りだされました。

コースを確認すると、まさかの一番苦手のBコース><

※Bコースだけ唯一S字を左折から入るんです。

この日の検定受験者は大型3人、中型3人、普通10人でした。

私は2番目の順番です。

検定は不正がないよう必ず3人態勢(教官・受験者・受験者)で乗らされます。

私は1番目の人の後部座席に乗り、じっくり観察タイムです。

1番目の人は隘路で手こずってましたが、問題なしって感じでした。


そして次は私の番です。

とてつもない緊張が襲ってきます。

とりあえず一度深呼吸をして発進しました。

まずは、いきなり40キロ指定速度区域です。

気合入れてアクセル全開踏みましたがメーター読みで39キロでした。

あと1キロ届きませんでしたが、今まででは最高の出来です。

そして、次に来たのが苦手な隘路です。

練習では3回に1回入れば良い方だったんですが・・・。

本番ではまさかの1回目でドンピシャでキレイに入った。

私自身が一番ビックリです(笑)

路端停止も寄せ幅は問題なく、前方の距離が気持ち足りなかったかなぁって感じ。

やり直しを要求されなかったので、とりあえずok。

そして、やってきました左折からのS字。

自分が思ってる以上に遅いタイミングでハンドルを切らないといけないのですが。

普通車ばりのタイミングで突入してしまった><

このままいくと120%後輪が脱輪すると瞬時にわかった。

バックする事なんか許されないから、ここはハンドル操作でカバーする。

前輪を脱輪寸前まで攻めて、後輪のスペースを確保しました。

後輪が超ギリギリで何とか通る事ができました(心臓バクバク)

S字の中に入っちゃえば大丈夫。

アンダーミラーを活用して、快適にクルクルと回っていく。

よしS字もクリアして、右折しようとした時です。

ここでありえない事件が起きた。

さて、ここで問題です。その事件とは?

1、地震がきた
2、停電が起きて信号が消えた
3、暴走車が赤信号無視で突っ込んできた
4、ガス欠をした
5、ハンドルがスッポリ取れた(笑)
6、教習車に雷が直撃した

後半へ続く。

ハプニングって本当おそろしいね(。・ω・)ノ ブログランキング・にほんブログ村へ