FC2ブログ








飲みニケーション

今日は仕事の為に遅く帰って来たので取引なし。

視察で本日よりOPENしたさっぽろ大通ビアガーデンに行ってきました


何を視察してきたのかというとですね・・・。

若者と上司で飲んでいる数の実態調査です。

なぜ若者は「飲みニケーション」を嫌がるのか?

上司アンケート

↑2017年のマイナビの全国の社会人を対象としたアンケート結果です。

まぁこんな話は昔からありますよ。

ただ、例年と何が違うのかと言えば2位と5位だね。

「愚痴・説教が多い、仕事ができない」


今日ね、ビアガーデンを見にいってわかった事があります。

40代が飲みの輪の中にほぼいない!という事。

実はこれ前々から言われてた事なんですが、40代の質がひどくなった。

だからこそグループに40代らしき人が誘われてない。

現場のエースである40代の活躍が会社の命運を担うといっても過言ではない。


時代を振り返ると、この年代って大手企業に高卒でも会社に入れた最後の世代。

そこにどうしても学力の差が出てくるのは仕方ない・・・。

パソコンにしろ英語にしろ、それはしょうがない部分もあるのかなと。

でも、よく言われるのが器が小さいだよね。

よく部下の成功を上司が自分の手柄にしたってのは昔からよくあります。

だけど昔の上司は「部下のミス」も自らかばってくれました。

最近の40代は堂々と失敗を部下のせいにする。


居酒屋の店長に「昔と現在では何が変わった?」というアンケを取ったところ。

圧倒的に1位だったのが「上司が部下に説教・愚痴」でした。

仕事中ならともかく、飲みの席での説教や愚痴は嫌ですよね。

2位が「会計時に上司がケチでおごる人がいなくなった」

会社帰りにサラリーマンが減ったのも納得できると言ってました。

まぁ、この背景には女性が強くなったのもあるんでしょうね。

奥さんが怖くてすぐ帰ったり、お金の管理が厳しかったりと。


現在の若者はどうなんだ?と言われたら二極化がハッキリしてきましたね。

グループ内でも両極端な結果になったりします。

飲み会でも行く人と、行かない人、ものすごいわかりやすい。

でも、それはそれで良いんじゃないかと思ってます。

仕事でも出来る人と、出来ない人の差がすごい。

「年下上司」なんてキーワードが流行るくらい頑張ってる人は頑張ってる。

年下が出世できるって事は、年上に隙があるって事でもあるよね。

昔の人は格差社会を否定したりするけど、私は格差がついて良いと思う。

何でもかんでも他人と一緒じゃないと嫌だと思うから愚痴をこぼしたり。

そういう人って劣等感からうつ病になったりする人が多い。

みんな一緒じゃなく個性があったほうがいいよね。


例えば就職面接に金髪や茶髪できたりとか、スーツじゃなかったり。

中年の方はやたらマナーを気にして怒るけど。

別に黒髪でスーツで来いなんてどこにも書いてないんだし。

それはそれで全く問題ないよね。

私的には媚びうってない所が逆に感動するんだけど(笑)

逆に、みんなと一緒の恰好しないとって思いの我々の方がびびってるだけ。

外見うんぬんより中身をみてあげたいですね。

道の職員にも金髪の女性とかいるよ。

毎日ウィッグかぶってるから気づいてないのかもしれないけど。

むしろ堂々としてるほうがかっこいいじゃん!って感じだよ。


なんか話がいつものごとくそれたけど・・・。

飲みの場では説教とか愚痴とかなしで楽しく飲みましょう。

そしたら40代の方もきっと誘いが来るようになるよ。

若者より今の40代の方が付き合い悪いって話もあるけど。

色んな年代で飲みニケーションしましょう。

暗い話は気分を暗くさせるから気をつけて。

私はお酒あまり飲めないけど、あの空気は好き(。・ω・)ノ ブログランキング・にほんブログ村へ

[ 2017/07/20 23:56 ] ひとりごと | TB(-) | コメント:(0)