FC2ブログ








6月26日取引結果(裁判員制度導入から10年の現状)

悪夢で目が覚めた朝になりました。

本日の結果は、SBIFX+89.22pipsでした


おはようございマスオさん。

目覚めは最悪、取引結果は最高。

昨日から持っていた106円後半のポジを決済しました。

キリのいい+100pipsを狙いたかったんですが。

もう月末の時期だし、明日になればまた色々と変わるかもしれないので決済。

1回の取引で50pips以上出したのは2月以来となりました。

いつもこんな事ができれば良いのだけれど。

たまにしかできないから嬉しいって事もありますね。

6月も残り2日、ここでミスらないように気をつけましょう。


そういえば気がつけば裁判員制度から10年経ったんですね。

裁判員の候補者名簿に記載された人は累計で290万人。

20歳以上の人口に当てはめると、およそ36人に1人という計算。

年間20~30回裁判の傍聴に行く私に依頼が全く来ないんだけど(笑)

そして周りにも行ったという話を一切聞かない。

まぁ喋っちゃいけないし、守秘義務があって罰則があるなら当然か。

※秘密を漏らすと6ヶ月以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられます。


たぶん、ここで気になるのが裁判員に選ばれた人が本当に行ってるのか?

正当な理由なく欠席した人には「10万円以下の過料」という罰則があります。

ここから先はマスコミすら報じないから私が言っちゃうヽ(*´∀`)ノ

裁判員制度が始まった年ですが、来なかった人やドタキャン率は59.6%。

2年前の年の結果は来なかった人やドタキャン率は約67%。

去年にいたっては77%の人が来ていません。

そして10万円以下の過料の罰則をくらった人は誰一人まだいないみたいですね。


裁判員制度が始まり10年なのに、約8割の国民が背を向ける。

これが悲しい事に現実ですね。

裁判員をやって良かった為になった!とある一方では。

証拠の遺体写真をみて急性ストレス障害になった人もいます。

最近、問題視されてるのが精神を病む人が出てきてる事。

裁判員制度の事件ってある程度の重大な事件となってるから。

正直、画像とかはエグいみたいですね^^;


私も軽い事件から、重い刑事事件を裁判所で傍聴するんだけど。

刑が軽い裁判って大体ピッタリ1時間で終わるんですよ。

逆にいえばこんなアッサリでいいんかい!みたいな。

でも中には長々かかる事件もあるわけですよ。

裁判員制度の事件は大抵3日程度で終わるとか聞くけど。

事件が複雑で100日を超えた裁判もありました。

それだけ選ばれた人も時間がかかるって事ですね。

初年度の平均は3.7日だったみたいだけど。

私がリアルに裁判員の方に直接聞いた話では7~10回行く人が多かったよ。


ここから先は私の勝手な推測だけど。

裁判員に選ばれた人達ってかなり厳選されてると思う。

今まで変な人を見た事がないもん。

ちゃんとした職業の、ちゃんとした経歴がある人ばっかだから。

私にはあれが偶然には正直思えない。

候補者の数十人の中から数人に絞り込むとはいえ。

もしかして最初から決まってた出来レースかな?って疑ってしまう。

私にも裁判員通知が届きますように(。・ω・)ノ にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ

[ 2019/06/27 06:00 ] FX日記 | TB(-) | コメント:(0)