FC2ブログ








危険を予測する事で被害を抑えよう

政府の地震調査委員会は26日「全国地震動予測地図」を公表。

それを受けて我が街でもフォーラムが開かれました。

2018年版の最新版の全国地震動予測地図がこちら。

予測地図

最も濃い赤色は発生確率26%の地域を示してます。

都道府県の県庁所在地別にランキングした結果がこちら。

確率ランキング

恐ろしい数字になってますね(・`д´・;)

専門家に言わせれば10%でも驚異的な数字だそうです。

怖いのは火災や津波などの二次災害ですよ。

ランキングや予測地図をみても、ほぼ海沿いの場所なのがわかります。


1位の千葉で言うならば地盤の弱さがあるでしょ。

埋立地が多い地域だけに、同じ震度6でも被害度が他より上回るとされてます。

高層ビルや地下鉄がないのも、地盤の脆弱差が問題とも言われてますね。

6月に入ってから千葉県沖で「スロースリップ」現象が立て続けに発生。

スロースリップ

スロースリップが来たって決して大地震が起きる訳ではないですが。

スロースリップが大規模化すると・・・。

揺れが小さくても甚大な津波被害をもたらすのです\_(・ω・`)ココ重要


私の住んでる街も地震被害想定では最大深度7が起こるだろうと予想されてます。

だからこそ起こる前に対策をしておくべき事が大事なんです。

あらかじめ予測して対策すれば被害が3~5分の1にもなると言われてます。

食料だって配給もなかなかされませんから最低3日分はないとね。

本当に大きな災害が来たときは1週間は届かない事になるかもしれません。

食料や水くらいは用意しておきましょう。

日本は地震大国だという事を忘れてはダメなのだ(。・ω・)ノ ブログランキング・にほんブログ村へ

[ 2018/06/29 18:12 ] ひとりごと | TB(-) | コメント:(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する